ほくろは除去するほうがいいのか正しい知識を身につけて対策しよう

ほくろの治療だけじゃない

レディ

炭酸ガスを用いたレーザー治療は、ほくろやイボなどに効果があります。また、盛り上がったシミにも炭酸ガスレーザー治療は効果を発揮します。この炭酸ガスレーザー治療では、皮膚の深層までダメージを与えることがないとされているため傷跡も残りにくく、治療後の患部の治りも早いとされています。本来この炭酸ガスレーザー治療では、ほくろやイボ、シミの除去を行なうために用いられる治療になるのですが、治療効果が優れているためニキビ治療にも使用されています。炭酸ガスは水によく溶ける性質を持っているので、レーザーとして照射される際もすぐに熱に変わります。この熱エネルギーにより、ニキビを防止する効果を発揮するのです。また、ニキビの表面に針穴よりも小さな穴を空けることで、中に溜まっている膿や皮脂を出し内部を綺麗にすることでニキビを無くすことが出来ます。特に大人になってくるとニキビはなかなか治りにくくなってしまうので、早めに手を打たなければどんどん悪化してしまう一方なのです。大人ニキビが出来てしまう理由は、思春期の時のようにホルモンバランスが関係している訳ではなく、生活習慣の乱れや環境へのストレスといったものが複雑に絡んでいます。そのため、自分でケアしていても改善が出来ないことが多いのです。こうした理由から、ニキビの除去で炭酸ガスレーザー治療を行う方が増えています。

ほくろやイボの除去で使用されている炭酸ガスレーザー治療は、何と言っても費用が安いことが特徴になります。効果が高く費用が安いという特徴は、多くの方に支持されており高い人気を誇っているのです。この治療を行う場合は、局所麻酔を選択することも可能なので、痛みに敏感な方や不安がある方は安心してください。レーザーを当てたその日は、患部を外部に晒さないように軟膏とテープで保護します。この時貼られたテープは、なるべく一週間程そのままにしておく必要があり、万が一外れてしまっても、処方された軟膏を再び塗り新しいテープを貼れば問題ありません。大体4日間ほどしておけば、かさぶたが出来て患部が盛りあがってくる場合もありますが、かさぶたは剥がさない方が綺麗に治りますので注意して下さい。かさぶたが自然に剥がれるようであれば、テープをする必要がないのですが、再びほくろが出来ないようにするために紫外線対策などをきちんと行うようにしましょう。皮膚の回復が始まってくると色が変わってくるケースもありますが、数ヶ月ほど経てば元の状態に戻るのでそこまで来ると完治出来たと言えるでしょう。

このような流れで行われている炭酸ガスレーザー治療では、一回の治療で完治出来る場合もありますし、数回行わなければ効果が出ないこともあります。どんなほくろが手強いのか、大きさに関してはどの程度なら効果的なのかを美容外科の先生に診てもらい判断してもらうといいでしょう。きちんと除去するためにも適切な治療を受けて、しっかりと最後まで完治出来るように続けていくことが重要になってくるのです。