ほくろは除去するほうがいいのか正しい知識を身につけて対策しよう

医者

ほくろ除去は保険適応

美容外科で行う治療は本来美容を目的として行われているため保険が適応されないです。しかしほくろ除去治療の場合は、ほくろの状態によって保険が適応される場合があるので、事前に医師に確認してみましょう。

ほくろの正しい知識とは

カウンセリング

ほくろは正しい知識を持たないまま自分で除去しようとすると、増えてしまったり大きくなってしまう可能性があります。また悪性のものに刺激を与えると、皮膚がんを引き起こしてしまう危険性もあるのです。ほとんどのほくろが良性であるので、そのような危険性は滅多に起きませんが、可能性としてはゼロではないので注意しなくてはいけません。この悪性か良性かの見分け方についてなのですが、基本的にほくろは左右対称に出来ることが多いです。しかし悪性の場合だと、がん細胞が増殖している可能性があるので、左右対称ではなくまばらになっていることがあります。また、かゆみを生じるものや押したりすると浸出液が出てくるものも、悪性の可能性があります。専門的な見分け方ではないので、目安として参考にしておきましょう。ほくろから発展するがんはメラノーマと呼ばれています。万が一除去しようしていたものがメラノーマの可能性を持っている場合、美容外科ではレーザー治療を行わずに切開で取り除きます。切開で取り除かれたものは病理検査に出されることがあり、そこで判断されるのです。メラノーマだと他の細胞にも悪影響を与えてしまう可能性もあるので、なるべくは除去したほうがいいでしょう。

良性のほくろは放っておいても問題ありません。外部から刺激を与えたり、無理やり取ろうとしない限り増えていくこともないです。しかし、外出する際には日差しに気をつけるようにしたほうがいいとされています。紫外線はほくろを増やしてしまう可能性があるので、日差しが強い夏場などは日焼け止めを使用したり日傘を使ったりすることをオススメします。よくシミとほくろを間違えてしまう方がいますが、この2つはかなり似た性質を持っており、除去する場合もほとんど同じ治療を行います。相違点としては沈着しているのか一点に固まっているのか、という部分ぐらいなので間違えてしまっても仕方ないでしょう。しかし先程のように悪性と良性で分かれてくるほくろのほうが要注意と言えます。

レディ

ほくろの治療だけじゃない

ほくろ除去の治療だけでなくニキビなどの肌トラブルにも効果的な炭酸ガスレーザー治療は、費用も安く肌に与えるダメージも少ないため様々な方から高い評価と人気を集めています。

婦人

痛みのないほくろ除去

痛みを感じないほくろの治療があります。その治療とは塗り薬による治療です。ほくろクリームと呼ばれているクリームタイプの治療薬を気になるほくろに塗布するだけで除去することが出来るのです。

女の人

ほくろの気になる疑問

ほくろは人によってチャームポイントとされていますが、出来る場所と大きさ、数によってはコンプレックスに感じる方もいます。ほくろがなぜ出来るのか、出来た場合にはどのような対処、除去を行えばいいのかを知っておきましょう。